ここから本文です

仏指揮官、過去に波紋を呼んだ“黄金の手”に言及「サッカーに復讐なんて存在しない」

フットボールチャンネル 6/26(日) 11:30配信

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、アイルランド代表が過去の対戦に対して復讐を企てているとは考えていないようだ。25日に行われた記者会見の内容を伊メディア『カルチョメルカート』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 現地時間2009年11月18日、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会・ヨーロッパ予選の欧州プレーオフ第2戦が行われ、フランスとアイルランドが対戦した。

 アイルランドで行われた第1戦ではフランスが1-0で勝利を収めていたものの、フランスで行われたこの試合では、アイルランドが1-0でリードしたまま90分を終え、2試合合計で1-1のまま延長戦に突入。

 そして、103分に元フランス代表のDFウィリアム・ギャラスが決勝ゴールを決めたが、その時に元フランス代表のFWティエリ・アンリが左手にボールを当ててアシストをしていた。

 そこでアイルランドサッカー協会は、国際サッカー連盟(FIFA)に対して再試合を要求したが、2度に渡って却下。そして、W杯本大会でフランスが1次リーグで敗退した時にアイルランド側は「絶対にアンリのハンドを忘れない。南アフリカにはアイルランドが行くべきだった」とフランスの敗退を喜んでいる。

 あれから7年後に両チームは再び対戦することになった。デシャン監督は、「歴史を変えることはできないし、我々はただこれから起こることしか考えることはできない」と答えると、「サッカーには復讐なんて存在しないんだ。正直に言って、私には何かが影響を及ぼすようには思えない」とその可能性を否定している。

 再びフランスの地で実現されることになる両チームの因縁の対決。きっとそこであの時の決着がつくはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 11:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。