ここから本文です

ベルギー代表ヴィツェルが思わず本音「スペインと当たらなくてよかった」

フットボールチャンネル 6/26(日) 14:10配信

 EURO2016、決勝トーナメント初戦でハンガリーと対戦するベルギー代表。MFのアクセル・ヴィツェルは対戦相手にスペインを避けることができて安心しているようだ。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 グループEを2位で通過したベルギー。結果次第ではスペインとぶつかる可能性もあったグループの中で、「強豪スペインとの対戦は避けたかった」と思わず本音を漏らすが、「だからといって、ハンガリー戦がイージーなものになるとも思っていない」とコメントする。

 そして、優位が予想されているハンガリー戦については「彼らをリスペクトしている。過小評価することは出来ない」との考えを示し、「彼らは非常に組織立っており、ハードワークする。そしてフィジカル的にも優れているので、1対1でのバトルが重要になってくるだろう」と分析している。

 ここまで3試合にフル出場し、中盤の底に君臨するヴィツェル。ド派手なドレッドヘアでピッチ上のどこからでも目立つ27歳のMFの存在がさらに輝きを増せば、ベスト8進出がより近づくことは間違いなさそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 14:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。