ここから本文です

ネイマール、レアルへの禁断の移籍は消滅。代理人の父親が明言「可能性は“ゼロ”だ」

フットボールチャンネル 6/26(日) 16:00配信

 ネイマールのレアル・マドリーへの“禁断の移籍”は消滅したようだ。25日、スペイン紙『マルカ』を含む複数のメディアが伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 代理人であるネイマールの父親は「マドリーがネイマールを獲得する可能性は“0”だ。息子にはバルセロナとの契約がある」と禁断の移籍の噂話を一蹴した。

 これまで父親はマドリー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンにネイマールを売り込んでいると噂されていた。また、バルセロナに対して2020年までの延長に加え、チームのエースであるFWリオネル・メッシに次ぐ1500万ユーロ(約18億円)の年俸を提示しており、クラブ側が嫌気をさしているとの報道もされている。

 それでも「私を除けば唯一ネイマールのキャリアについて話すことができるのは、彼自身だ」とメディアによる噂話を完全否定している。母国ブラジルで開催されるリオデジャネイロオリンピックに参加を表明しているネイマールだが、開幕までに“移籍騒動”は収まるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 18:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。