ここから本文です

「クロースは決定的な存在」ドイツ指揮官は好調MFをキーマンに指名

フットボールチャンネル 6/26(日) 19:40配信

 20年ぶりのEURO制覇を目指すドイツ代表。指揮官はチームを支えるMFトニ・クロースへの称賛を惜しまない。25日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ヨアヒム・レーブ監督は、スロバキアとの決勝トーナメント初戦を前に会見を行い、その中で「クロースは今大会非常に好調だ。2012年のEUROでも、2014年のW杯でもそうだった。ミスをしないし、常にチームにとって重要だ」と述べ、「よく動いてくれるし、常にボールを受けられるところにいてくれる、我々にとって決定的な存在だ」と26歳のMFを称賛する。

 そして、スロバキア戦について「グループリーグ3戦目に対戦した北アイルランドよりも鋭い相手だ。スペースを与えないようにしたい」と語り、「クオリティが高く、いいカウンターを仕掛けてくるチームであり、少しポーランドに似ている」と分析する。

 スロバキアには今大会直前の親善試合で1-3と敗れており、絶好のリベンジの機会がやってきた。強豪ぞろいの死のトーナメント、優勝を狙うドイツにとって力試しには最高の相手となりそうだ。そして、キープレーヤーのクロースにも要注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 19:45

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。