ここから本文です

ポルトガルの元“悪童”、復活の狼煙。EURO8強決める「人生で一番大事なゴール」

フットボールチャンネル 6/26(日) 21:00配信

 ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマが再び主役として復活したようだ。25日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 クアレスマはスポルティングCPでトップデビューを果たすと、素晴らしい活躍で一躍脚光を浴び、バルセロナへ移籍した。しかし当時のフランク・ライカールト監督と起用法を巡って対立し、翌年にポルトへ移籍。そこで年間最優秀選手を受賞する活躍をし、リーグ3連覇に貢献している。

 そして、当時のジョゼ・モウリーニョ監督に強く望まれインテルに入団。しかし期待通りの活躍ができなかったどころか、イタリア年間最悪選手賞さえも受賞してしまい、そこから下降の一途を辿って行った。

 だからこそ、延長戦終了3分前にこぼれ球を押し込んでチームをベスト8へ導く決勝ゴールを決めたことは、クアレスマにとって尚更重要なゴールとなったようである。

 「僕らは熱心に戦ったし、ハードワークをしたよ。クロアチアは強いチームだけど僕らの方が勝利に相応しかったね。僕にとってゴールは大きな意味を持つんだ。ゴールを決めたことや僕のチームが勝ったこと、そして僕の母国のためにもこの勝利は嬉しいよ」と喜びを表現した。

 そして、「このゴールは僕のキャリアで一番大事なゴールだ。良いプレーをし続けたいね。大事なことは体力を回復させることだよ。ポーランド戦はきっと難しい試合になる」とイタリアメディアの『スカイ・スポルト』で語った。

 クアレスマとは、カトリック教会などの西方教会で四旬節を意味する言葉だ。その後には復活祭が訪れることからも、まさにこのゴールが彼のキャリアの復活の狼煙となるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:6/26(日) 21:07

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。