ここから本文です

ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ

フットボールチャンネル 6/26(日) 21:00配信

 日本代表FW香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの“解体”が止まらない。

 今夏既に主将DFマッツ・フンメルスと司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの退団が決定しているドルトムント。フンメルスは宿敵バイエルン・ミュンヘンへ、ギュンドアンはマンチェスター・シティへの移籍が決定している。しかし、さらに2選手の退団が決定的となった。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』は26日、ドルトムントの背番号10番を背負うヘンリク・ムヒタリアンが移籍金3800万ユーロ(約43億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に至ったと報じている。さらには守備の要であるDFネベン・スボティッチは自身のFacbookページにて今年限りでドルトムントを退団する意向を発表した。

 主力4選手の退団が決定的となったドルトムントだが、今季公式戦39ゴールを決めた大エースであるピエール=エメリク・オーバメヤンもレアル・マドリーやアトレティコ・マドリーへの移籍が報じられている。

 果たして、来季ドルトムントはどのような陣容で戦うことになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 12:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革