ここから本文です

某ブランドが作る「生地の長さ」は、日本経済のバロメーター?

Forbes JAPAN 6/26(日) 15:00配信

毎年、ラニフィーチョ工場で作られるファブリックの長さ
ー2,300,000m

「エルメネジルド ゼニア」は、毎年2,300,000mの生地を織り上げる。



この数字は、ラグジュアリーブランドとしてはもちろんのこと、テーラーの本場イタリアにおいても、スーツ生地としては群を抜くものとなっている。イメージを膨らませるために記載すると、この長さ(2,300km)は東京・熊本間往復の距離に相当する。

ゼニアでは1着のスーツを作るために、約4mの生地を使う。これを先ほどの生地総量に当てはめると、年間575,000着の製品(スーツ)がマーケットに送り出されているという計算になる。

2007年のミラノ新本社開業後、ゼニアはインバウンド景気で盛り上がる日本に、大型のグローバルショップを次々(14年大阪、15年銀座)とオープンさせた。それに伴い、日本国内で取り扱うスーツはかなりの数となったに違いない。

もしかすると使用生地の長さは、わが国に輸入する分だけで、名古屋あたりまでいっているかもしれない……。活気づくエルメネジルド ゼニアの店内を覗くと、そんなことを想像せずにはいられない。

スリーピーススーツ*伊勢丹新宿限定460,000円、シャツ39,000円、タイ23,000円、チーフ13,000円、ベルト54,000円、シューズ97,000円(すべてエルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス☎03−5114−5300)

「いいものを長く」のエルメネジルド ゼニア

人口推移とゼニアの戦略

世界の人口は、1日に20万人、1年で約7,000万人増え続けている。しかしながら日本をはじめとする先進国では、少子化が社会問題となり、老人大国への 懸念が論じられている。わが国で2016年に新しく成人する人口は121万人(うち男性が62万人)となり、6年連続で総人口に占める新成人の割合が1% を割り込むことが確認されている。

「いいものを長く」よりも、「安いものをたくさん」というマーケットに慣れきってしまった各アパレル メーカーは、少子化により大量消費が見込めない将来に向け、さまざまな策を講じているところだ。そんななか、自社工場で既製服からオーダーメイドまで、 スーツに特化したビジネスを続けるエルメネジルド ゼニアの存在は、再び訪れるであろう「いいものを長く」の時代のお手本となるに違いない。



1970年には、統計をとり始めてから最高の246万人(うち男性が124万人)が成人を迎えたが、2000年代になると、その数はおよそ100万人も減少していて、年々減少傾向にあることがわかる。

1/2ページ

最終更新:6/26(日) 15:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント