ここから本文です

貯金「ゼロ」の米国人は6千万人超、特に問題の世代とは?

Forbes JAPAN 6/26(日) 11:00配信

米国のミレニアル世代は、いわれのない批判を受けているのかもしれない。2008~09年の「大不況」を経て成人した人たちは、それ以前の世代よりもあることが得意になった。それは、「貯金をする」ことだ。



個人向けの金融情報サイト、バンクレート・ドット・コム(Bankrate.com)が1,000人を対象に先ごろ実施した調査の結果、米国人のうち「万が一のときにいつでも使えるお金」としての貯金がゼロだという人は、約6,600万人に上ることが分かった。

年代別にみると、18~35歳の「ミレニアル世代」のうち貯金がまったくないという人は28%。一方で、「X世代」(1960~80年代初頭生まれ)の33%は貯金がゼロだった。

「沈黙の世代」(1925~42年生まれ)は47%が、少なくとも6か月分の生活費を貯金していると答えた。

バンクレート・ドット・コムの主任金融アナリスト、グレッグ・マクブライドは調査結果を受け、これは「困った状況だ」と危惧する。特にX世代は家庭を持ち、住宅を購入し、子供の学費を支払う年代だからだ。

一方でマクブライトは、メディアでよく報じられるのとは異なり、「ミレニアル世代は年上の人たちに比べて貯金ができており、消費を重視せず、借金を嫌う」と指摘している。

専門家らは、緊急の場合に備えた資金として3~9か月間に必要となる金額を貯めておくことを勧めている。

Alexandra Talty

最終更新:6/26(日) 11:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。