ここから本文です

【EURO展望】“ゼロトップ”を解体したドイツ。スロバキアの堅守をどう崩す?

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 11:00配信

肉体派CBがドイツの流動的なパスワークにどこまで対応できるか。

EURO2016
ラウンド・オブ16
6月26日(日)/18:00(日本時間25:00)/リール
ドイツ×スロバキア
主審:シモン・マルチニアク(ポーランド)
 
【注目ポイント】
●大会直前のテストマッチではスロバキアが3-1で勝利
●北アイルランド戦と同様、ゴメスをCFに置く布陣が機能するか。
●シュクルテルら守備陣がドイツの流動的なパスワークにどこまで対応できるか。
 
【試合展望】
 戦力面でも実績面でも圧倒的優位に立つのはドイツだ。ただ、スロバキアには大会直前のテストマッチ(5月29日)で1-3で敗れており、侮れない相手なのは間違いない。
 
 アタッカー陣が低調なドイツは、グループステージ3戦目の北アイルランド戦でついにゲッツェの“ゼロトップ”を解体。ゴメスを1トップに据え、さらに右SBはヘーベデスに代えてキンミッヒを先発させた。この抜擢が当たり、攻撃の機能性は飛躍的に高まった。得点こそ「1」に留まったとはいえ、シュート数「26」というデータを見れば、チャンスの数が劇的に増えたのは明らかだ。
 
 1トップは北アイルランド戦と同様、ゴメスが務めるだろう。完全復活を遂げた30歳の点取り屋が、イングランドを零封したスロバキアの堅守を破れるか。それがベスト8進出の鍵を握るだろう。
 
 対するスロバキアは、勝ち点4で難敵ぞろいのグループBを3位で通過。これまでの3試合では自慢の堅守速攻が機能し、グループステージ3戦目ではイングランド相手にスコアレスドローに持ち込んだ。
 
 とりわけ充実ぶりが際立つのが、ここまで1得点・1アシストのハムシク。彼のボールキープから素早くサイドに展開する速攻は、十分な殺傷能力を誇る。本来トップ下ながらCFとしてプレーするドゥダの飛び出しも、スピードに欠けるドイツ守備陣の脅威になるはずだ。
 
 懸念はDFライン。ともに肉体派のシュクルテルとドゥリツァのCBコンビがドイツの流動的なパスワークにどこまで対応できるか。開始早々に失点を喫すれば、大崩れする可能性もあるだけに、とりわけ立ち上がりは慎重なプレーが求められるだろう。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!








 

最終更新:6/26(日) 12:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。