ここから本文です

ウェールズが北アイルランドとの“バトル・オブ・ブリテン”を制し、歓喜のベスト8進出!

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 3:11配信

ウェールズがベイルを起点にした一撃でダービーを制す!

 6月25日、EURO2016の決勝トーナメント1回戦、ウェールズ対北アイルランドが行なわれ、1-0でウェールズが勝利した。
 
 大国と同組の苛酷なグループを勝ち抜け、初の決勝トーナメントを英国対決で迎えることとなった両チームは序盤、慎重な入りを見せた。
 
 自陣に下がって構える北アイルランドは空きスペースを埋めて、相手のキーマンであるベイルの侵入を防ぐ。そして11分にはカウンターからダラスがファーストチャンスを掴むなどペースを握る。
 
 ボールこそ持つものの自陣から先に展開できないウェールズは、19分に左サイドのN・テイラーからのクロスをヴォークスが落としてラムジーが詰めてネットを揺らしたが、オフサイド判定となり、ノーゴールとなった。
 
 前半最大のビッグチャンス創出も、前線からプレスをかけてくる北アイルランドの守備に対してウェールズは、個人技に優れたベイルに託す以外に打開の術を見出せない時間帯が続いた。
 
 攻撃のペースを作れないウェールズと主導権を握るも決め手を欠いた北アイルランドという構図となった試合は、スコアレスで折り返した。
 
 後半も豊富な運動量を活かしたプレスバックが見事にハマり、相手の起点となるベイル、ラムジーにボールを持たせなかった北アイルランドのペースが続いた。
 
 効果的な攻撃ができないウェールズは58分にベイルが自ら得たFKで直接狙う。これは相手GKのマッガバンに弾かれてしまったが、ウェールズは徐々にペースダウンしていった北アイルランドを押し込んでいった。
 
 それでもネットを揺らせないウェールズは、63分に守備的MFのレドリーに代えて、攻撃的MFのJ・ウィリアムズを投入。同時にラムジーをボランチに下げて、中盤の底でタメを作る策に出る。
 
 この積極的な采配でリズムを掴み、敵陣でプレーする時間が増えたウェールズがついに均衡を破る。
 
 75分、左サイドからベイルが速いグラウンダーのクロスをボックス内に送る。これが北アイルランドのCBマコーリーのクリアしにいった足に当たってネットが揺れた。
 
 先手を取られた北アイルランドは79分にサイドアタッカーのマッギンを投入し、攻撃的に仕掛けるも、焦りと疲労からプレー精度が悪く、相手ゴールに迫ることができなかった。
 
 試合はベイルを起点に奪った1点を最後まで守り抜いたウェールズが1-0で勝利した。
 
 我慢強い戦いで英国ダービーを制したウェールズは初のベスト8進出を決め、6月26日(現地)に行なわれるハンガリー対ベルギーの勝者と戦うこととなった。

【フォーメーション図】ウェールズ 1-0 北アイルランド

最終更新:6/26(日) 12:14

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革