ここから本文です

優勝したけど…鹿島のMF杉本太郎が抱える"強烈な後悔"

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 7:00配信

「左足で打ちたかったですね。あれかぁ……」。杉本はため息混じりに、65分のシーンを振り返った。

[J1第1ステージ17節]鹿島2-0福岡 6月25日/県立カシマサッカースタジアム
 
 カイオの出場停止を受け、第1ステージ優勝を決める大一番でスタメンのチャンスを掴んだ杉本太郎は、左MFとして77分間プレーした。
 
「使ってもらった以上は、チームを代表していますし、責任や誇りを感じながらやっていました」との言葉通りに軽いプレーはなく、献身的に動き回ってスペースを埋め、身体を張った。2-0の無失点勝利に、「そこは最低限できたかなと思います」という守備で貢献したのは、動かしがたい事実だろう。
 
 とはいえ、杉本は、手応えよりも、後悔のほうが強いようだ。持ち味である攻撃面で力を発揮できなかったからである。
 
 本人が特に気にしていたのは、65分の決定機のシーンだ。遠藤からのラストパスをエリア内で受けた杉本は、一度切り返し、右足に持ち替えてシュートを打った。しかし、これがDFにブロックされてしまう。
 
「(あの場面は)左足で打ちたかったですね。あれかぁ……」
 
 ため息混じりにそう振り返った後、「後悔が残る?」との質問に「そうですね」と答えた。
 
 あるいは、あの場面で左足を振り抜いていたら、勝敗の行方を決定付ける3点目が生まれていたかもしれない。そのゴールは、成長途上の20歳の若者が自信を得る絶好の機会になっていたはずだ。それだけに、本人にとっても痛恨のワンプレーだったのだろう。
 
「チャンピオンシップを取らないと意味がないと思うので、それに向けて頑張ります」
 
 そう気持ちを切り替えてミックスゾーンを去った杉本は、優勝の喜びよりも後悔を抱えていた。そして、その悔しさを晴らすべく、第2ステージでの”リベンジ”を心に誓っているようだった。

【鹿島 2-0 福岡 PHOTO】鹿島が貫禄の第1ステージ優勝!小笠原、柴崎、金崎らの歓喜が弾ける

最終更新:6/26(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。