ここから本文です

説得力のある小笠原満男の言葉。「本当の意味でのタイトル、喜びを味わえるように」

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 7:32配信

「この先、負けていけば、この優勝はなんの意味も持たなくなる」。

 J1のリーグタイトル奪還を最大のミッションとする今季、まずは第1ステージを制した。それはそれで喜ばしいことと受け止めてはいるが、まだなにも勝ち得ていないことを十分に理解している。
 
「多くのサポーターの方に来ていただいたなかで、優勝を決められて嬉しく思いますけど、まだファーストステージを獲っただけ。本当の意味でのタイトルとは言えない。この先も勝っていくことが、本当のタイトルにつながっていく。満足することなく、これからも勝ち続けていけるように頑張りたい」
 
 ステージ制覇はひとつの成果ではある。しかし、“本当のタイトル”ではないと言う。それだけに、喜びも半分といったところか。「この先、負けていけば、この優勝はなんの意味も持たなくなる」と、小笠原満男は早くも危機感を口にする。
 
 鹿島で幾多もの栄冠を手にしてきた。タイトルの重みを、最上の喜びを、誰よりも知っている。だからこそ、その言葉には説得力がある。
 
「本当のJリーグの優勝のタイトルは、こんなもんじゃない。ここで満足しちゃダメ。本当の意味でのタイトル、喜びを味わえるように」
 
 視線はすでにこれから先の戦いに向けられている。「一週間後、すぐ試合がある。そこに向かっていきたい」と、立ち止まるつもりはない。それは、チームの戦いぶりには到底、満足できるレベルにないからでもある。
 
 川崎とのデッドヒートを繰り広げるなか、相手のことは気にしていなかった。それよりも「自分たちがどれだけ勝てたか。どういう試合ができていたのか」に集中した。
 
 最後は6連勝を飾り、最終節を前に川崎を抜いて首位に立って、そのままフィニッシュ。貫禄の勝負強さを見せつけたが、もしかしたら不安のほうが大きかったのかもしれない。
 
「ここ最近、90分間を通じて、良い試合をできているかと言ったら、そうじゃない。年間で勝っていくには、もっと内容を良くしていかないと、この先、勝っていけないと思う」
 
 序盤はなかなかリズムが掴めなかった今節の福岡戦だけでなく、前半にリードを許した前節の神戸戦、さらにその前の浦和戦も「前半は押し込まれる展開」(石井正忠監督)と、試合に入り方に難を残しているのは、ひとつの課題である。
 
 小笠原自身、「良くない時間帯が続いているし、失点してもおかしくないシーンもある」と認めている。
 
 チームとして修正しなければいけない点は少なくない。もっとも、内容に課題を抱えているからこそ、見えてくる強さもあるようだ。
 

【鹿島 2-0 福岡 PHOTO】山本、土居のゴールで貫禄の第1ステージ優勝!

1/2ページ

最終更新:6/26(日) 9:12

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。