ここから本文です

【EURO展望】フランス×アイルランド|「ハンド事件」から7年。因縁の対決ふたたび――

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 11:48配信

キャバイエとシッソコのスタメンもありうる。

EURO2016
ラウンド・オブ16
6月26日(日)/15:00(日本時間:22:00)/リヨン
フランス×アイルランド
主審:ニコラ・リッツォーリ(イタリア)
 
 【注目ポイント】
●ポグバが軸となるフランスの中盤
●ブレイディの起用法
●両チームのコンディションの差
 
【試合展望】
 あの「ハンド事件」以来の対戦となる。

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

 2009年11月、南アフリカ・ワールドカップの欧州予選プレーオフ(第2レグ)だった。フランスのFWアンリのハンドが見逃され、ガラスの決勝点に繋がったのだ。
 
 物議を醸したそのゴールでワールドカップ出場を逃がしたアイルランドにとっては、7年越しのリベンジの機会となる。MFヘンドリックは、「もう過去のこと」と言いながらも、「あのゴールで国全体が傷ついた。フランスを倒すチャンスだ」と闘志を燃やす。
 
 とはいえ、個の力では開催国が圧倒的に上回る。グループステージでは苦戦を強いられたものの、チーム状態は上向きだ。
 
 とりわけポグバの調子が上がってきたのは心強い。スイス戦では躍動感溢れるプレーで輝きを放った。注目されるのは、そのポグバが軸となる中盤3枚の構成だ。同じくスイス戦でハイパフォーマンスを見せたキャバイエとシッソコが先発で起用される可能性も小さくない。
 
 中盤がスムーズに機能すれば、絶好調のパイエや決定力のあるグリーエズマンがいい形でシュートに持ち込めるだろう。
 
 押し込まれる展開が予想されるアイルランドは、決勝トーナメント進出を決めたイタリア戦のように、辛抱強く粘ってワンチャンスをものにできるか。気掛かりなのは足首を痛めている左SBウォードの状態だ。もし欠場するようなら、攻撃の中心を担うブレイディを最終ラインで使わざるをえなくなる可能性もある。
 
 グループステージの最終戦からアイルランドが中3日なのに対し、フランスは中6日と休養十分。コンディションの差が勝負を左右するかもしれない。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

 

 

 

 

最終更新:6/26(日) 12:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。