ここから本文です

【EURO】ベイルやW・カルバリョ、ボヌッチもやっている!? 勝利の方程式は「クライオセラピー+インスタグラム」

SOCCER DIGEST Web 6/26(日) 19:22配信

ウェールズとポルトガルはベスト8に進出。

 EURO2016に“勝利の方程式”が存在する?

 超低温冷却療法クライオセラピーの施術中や施術前の写真をソーシャルメディアにアップロードすると、結果がついてくるのではないか。偶然か、必然か、そんな相関関係が浮かび上がってきたのだ。

【EURO2016選手名鑑Web版】総勢552人の写真、データ、寸評を完全網羅!

 クライオセラピーとは、いわゆるアイスバスの進化版だ。文字通り「氷の風呂」を意味するアイスバスには、次のような効果が見込めるという。氷の風呂に浸かると、血管が急激に収縮する。氷の風呂から出ると、血管は急速に元に戻ろうとする。その際に血流が促進されて、筋肉の疲労回復をもたらす。痛みも緩和する。

 クライオセラピーは、そうした回復効果を高める特殊な医療機器を使った療法で、全身冷却セラピー中の温度はマイナス150~170度の超低温となる。

 クライオセラピー施術中の写真をインスタグラムにアップロードして話題を集めたのは、フォロワーが1850万人のガレス・ベイルだ。SF映画に出てきそうな医療機器――ドラム缶の風呂のようでもあるが――に浸かっている写真をアップロードしたのは6月19日。するとベイルを擁するウェールズ代表は翌日のロシア戦で快勝を収め、大会初出場ながらグループステージを首位で突破してみせた。決勝トーナメント1回戦でも北アイルランドを破り、ベスト8に駒を進めている。

 ポルトガル代表MFのウィリアム・カルバリョは、クライオセラピー施術前の写真を同じインスタグラムにアップロードした。身に着けているのはアンダーウェア、手先と足先を保護するグローブとソックス、医療用のマスクと帽子だけで、上半身と下肢は肌を露出している。チームメイトのジョアン・マリオ、アンドレ・ゴメス、ヴィエイリーニャと4人で写った、施術前の写真をアップロードしたのは6月23日。ポルトガル代表は2日後の6月25日、延長戦にもつれこんだクロアチアとの激闘を制してベスト8進出を決めている。

 イタリア代表DFのレオナルド・ボヌッチがやはりインスタグラムを使って、クライオセラピー施術前後の写真を公開したのは6月14日。写真はバストアップで、一緒に写っているダニエレ・デ・ロッシとジョルジョ・キエッリーニも、裸の上半身は筋肉ムキムキだ。ボヌッチを含めた3選手は3日後のスウェーデン戦にいずれも先発。イタリア代表は戦前の下馬評を覆し、無傷の2連勝で決勝トーナメント進出を決めたのだ。
 
 6月27日(現地時間)に、イタリアが決勝トーナメント1回戦で対戦するのは、大会3連覇を目指す強敵のスペイン。早くも訪れたこの大一番を前にして、ボヌッチは改めてクライオセラピー施術前後の写真をアップロードしておいたほうがいいかもしれない。ちなみに決勝トーナメント1回戦のベイルとW・カルバリョは、とくに後者がMVP級の活躍を見せている。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

最終更新:6/26(日) 19:51

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。