ここから本文です

モロッコの古都マラケシュに残る 宰相の豪邸の名の意外な由来とは?

CREA WEB 6/26(日) 12:01配信

Magnificent View #999バイア宮殿(モロッコ)

 昔ながらのイスラム建築が並ぶマラケシュの一角に立つ美しい建物は、バイア宮殿。アラウィー朝の王、ハッサン1世の宰相だったブー・アフメドの邸宅として、19世紀末に建てられたものだ。

 緑あふれる中庭は、マラケシュの暑い夏を忘れさせてくれる空間。レースのように繊細な透かし彫りのアーチや、天井の壁画、鮮やかなタイルの床など、いたるところに施されたイスラム芸術にも目を奪われる。

 ブー・アフメドには、4人の妻と24人の側室がいた。この建物にはそれぞれの部屋が用意されていることからも、彼が王さながらの財と権力を持っていたことが想像できる。

 ちなみに、彼が最も寵愛したのは第3夫人だったのだとか。宮殿の名は、バイアという彼女の名前に由来している。

芹澤和美

最終更新:6/26(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。