ここから本文です

浦和サポ出禁「レッズ好きと言えない」と悲しみの声

R25 6/27(月) 7:01配信

6月22日、Jリーグの浦和レッズは、18日にエディオンスタジアム広島で開催されたJリーグ1stステージ第16節・サンフレッチェ広島戦で違反行為を行ったサポーターを処分したと発表した。

処分されたのは、観客席からピッチ内にペットボトルを投げ込んだサポーターと、選手に向かって水をかけたサポーターの2人。それぞれに対し厳重注意を行うとともに、前者はホームゲーム3試合の入場禁止、後者はホームゲーム4試合の入場禁止処分となった。

この処分に対し、ツイッターでは、

「永久追放でいいじゃん。甘いんじゃない」
「懲りんのぅ、もうさ勝ち点剥奪どころか無条件でJ3くらいまで落とせよ!!」

と、もっと厳しい処分があってもよかったのではないかという意見が多く投稿された。

2014年には、埼玉スタジアムのゴール裏入場口に人種差別的な横断幕を掲出していたことが問題になった浦和サポーター。11日の鹿島戦後には、浦和のサポーターを名乗る人物がツイッターに黒人選手を差別する内容の投稿をするという騒動もあった。

一部の浦和サポーターのマナー違反が連続しているということで、

「レッズの選手と本当に応援しているサポーターが可哀そう!」
「数人の行動が浦和サポ全てを悪くしてしまう・・・。残念」

と、一生懸命プレイをしている選手やマナーを守って応援しているサポーターを気の毒に思うネットユーザーも多い。また、こういったマナー違反が続いたせいで、肩身が狭い思いをする浦和サポーターも多く、

「マナー悪いの目立ちすぎて、レッズ好きを声を大にして言えないよ」
「浦和をずっと応援してるし世界に通用するクラブだと思っている。でもこういうことがあると悲しくなるし、その気持ちが揺らぐ」

と、応援するモチベーションにも影響しているようだ。

1stステージは優勝を逃してしまった浦和。サポーターにしてみれば、フラストレーションが溜まる状況だろうが、こういう時こそ冷静さが求められるのではないだろうか。
(小浦大生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/27(月) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場