ここから本文です

その場で寄附も。「ふるさと納税」カフェ7月オープン

東京ウォーカー 6/27(月) 6:01配信

話題の「ふるさと納税」。やりたいけど難しそう……と感じている人は「カフェ」でふるさと納税にふれてみてはいかが?

【写真を見る】地域の特産品・工芸品の販売や、季節の旬の食材を使ったランチも

7月1日(金)オープン予定の「ふるさとチョイスCafe」(東京・有楽町)は、ふるさと納税の総合webサイト「ふるさとチョイス」が運営するリアルカフェ。「"お礼の品"ばかり注目される現状をどうにかしたい」がオープンの目的のようだ。

カフェが発信するのは「制度についての正しい理解、地域での寄附金の使い道について」。WEBサイト上では伝えきれない内容を「リアルなコミュニケーションを通じて伝えたい」という思いからの出店なので、興味があればよさそう。

カフェで行なわれるセミナーや個別相談では、ふるさと納税について学べ相談もできる。さらにスタッフのサポートのもと、その場で寄附もできてしまう。

全国のアンテナショップが集まる有楽町らしく、自治体の職員がPRしに来たり、地元の生産者や事業者と触れ合えるイベントなどもしていく予定という。

銀座もほど近い東京のど真ん中で「ふるさと」と「納税」について考えてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:6/27(月) 6:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。