ここから本文です

絶景の洞窟!大自然が作り出した魅惑の青い世界

東京ウォーカー 6/27(月) 7:00配信

鳥取県、兵庫県、京都府にまたがり、ユネスコ世界ジオパークにも認定されている、山陰海岸ジオパーク。漁船でのクルージングが人気の景勝地だが、その中でも特に人気なのが「青の洞窟・愛の洞窟探検プラン」だ。

【写真を見る】青の洞窟への入り口がある、犬ヶ岬の断崖絶壁

このプランでは竹野漁港から漁船で出航し、犬ヶ岬や屏風岩などの名勝も観賞する。目的地である青の洞窟は、犬ヶ岬の断崖絶壁の下にその入口がある。海を知り尽くした漁師のガイドと共に、絶景が広がる洞窟を目指そう。

まずは、入口にハート型の模様がある愛の洞窟へ。ここでハートを探して、いよいよ青の洞窟へ進んでいく。

洞窟内に入ると、太陽光線が海底に反射して文字どおり青の世界が広がり、ひんやりとした空気が出迎えてくれる。小さな波が打ち寄せるたび、光線の反射が変わって様々な表情を見せる青の洞窟は、自然だけが作り出せる絶景。その美しさから時間がたつことを忘れるなど、浦島伝説が残る京丹後の竜宮城とも言えるだろう。洞窟の天井にぶら下がるコウモリが、冒険心をくすぐる!?

太陽光線が影響するので、出航のおすすめは波が穏やかな晴れた日。運行日、出航時間などは予約時に要確認だ。波のうねりと共に光線が揺らぎ、さまざまな表情を見せる青の洞窟を見に行こう。【関西ウォーカー】

最終更新:6/27(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。