ここから本文です

キンコン西野、ネット住民と“ロック”に直接対決!

Smartザテレビジョン 6/27(月) 8:00配信

6月27日(月)の「EXD44」(夜0:15-0:45ほか、テレビ朝日系)は、“芸能界一SNSが荒れる男”とも呼ばれるキングコング・西野亮廣が、自身に対して辛辣(しんらつ)な意見を浴びせ続ける“ネット住民”と直接対面し、厳しい意見と正面から向き合おうという企画を放送する。

【写真を見る】西野亮廣はネット住民たちからの手厳しい声に反撃できるのか?

先輩芸人や大物作家にかみつくなど、数々の自由奔放な発言で、一般の人からも多くの厳しい意見が寄せられる西野。

今回の決戦の場は、東京・神保町の喫茶店だ。約束の時間の30分前に到着した西野は「緊張してきたなぁ。怖いなぁ…」と頭を抱えながらも、「いや、ここらへんで(僕の)嫌なイメージを払拭(ふっしょく)したい!」と、決意を固める。

そしてついに、普段SNSで西野に手厳しい意見を言っている2人のネット住民が登場。芸人であるにもかかわらず、ここ数年は絵本作家としての活動の方が目立っている西野に対し、早速手厳しい声を直接ぶつける。

西野は動揺しながらも「『芸人』はロックと一緒。職業ではなく『姿勢』。だから、絵を描いたっていい」と、何とか自分の気持ちを理解してもらおうと持論を展開するが、2人は一歩も引く気配を見せない。

そして1時間にも及ぶ激論の末、最後は西野から衝撃発言が。果たして西野が出した答え、SNS上よりもはるかに荒れる“本音対本音の直接激論”の行方に、期待という名の炎は燃え盛る一方だ。

最終更新:6/27(月) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円