ここから本文です

旬のフルーツたっぷり!資生堂パーラーでパフェフェア

東京ウォーカー 6/27(月) 17:10配信

資生堂パーラーは、7月1日(金)から31日(日)までの期間、銀座本店サロン・ド・カフェにて「2016真夏のパフェフェア」を開催。産地や旬にこだわったフルーツをメインに、どれもグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートなどを盛り込んだ贅沢なパフェが、2期に分けて3種類ずつ登場する。

【写真を見る】資生堂パーラーの「2016真夏のパフェフェア」に登場する「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(2160円)は芳醇な桃の香りが漂う贅沢パフェ

第1弾は、桃、マンゴー、ブルーベリーの3種類がラインアップ。東京では入手困難な、和歌山県を代表するブランド桃“あらかわの桃”を使った「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(2160円)は、ピンクピーチシャーベットやゼリーにも丁寧に収穫された完熟桃を使用。口の中いっぱいに広がるジューシーな桃の果汁と芳醇な香りを堪能できる。

「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」(2580円)は、太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産アップルマンゴーを贅沢に使用。甘さの中にも程よい酸味と濃厚なコクを感じる果肉に、ミルクアイスクリームやベリーソースを組み合わせた南国気分いっぱいのパフェに仕上げた。

プチッとした食感が楽しい大粒のブルーベリーを使った「岐阜県 飛騨高山産 ブルーベリーのパフェ」(1890円)は、爽やかな味わいのフロマージュブランソルベがブルーベリーの甘味と酸味を引き立てる。ブルーベリーの鮮やかな紫色がシックな大人の雰囲気を感じさせる。

また、東京銀座資生堂ビル15周年記念パフェとして、「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」(1890円)も登場。資生堂パーラーの専用ハウスで栽培された貴重な品種の夏いちご“恋姫”を使った、ここでしか味わえない1品だ。

8月2日(火)から始まる第2弾では、“黄金桃と白桃”、“沖縄県産完熟キーツマンゴー”、“和歌山県産いちじく”のパフェが登場する予定でこちらも待ち遠しい限り。旬のフルーツをふんだんに使った贅沢パフェをご堪能あれ。【東京ウォーカー】

最終更新:6/27(月) 17:10

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016