ここから本文です

一般人が実際にキム・カーダシアンの補正下着を着てみたら

ハーパーズ バザー・オンライン 6/27(月) 12:54配信

「私は時々、補正下着を2枚重ねするの。特に、体重が増えた時はね。絶対、重ねばきよ。」つい最近、キム・カーダシアンはそう自分のアプリで告白した。『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の熱烈ファンとして、私はずっと、ボトックスからセルライトのトリートメントまで、包み隠さず見せてくれるキムを賞賛してきた。 
 
でも、彼女が熱狂的な補正下着ファンであることを知ってはいたけど(“スパンクス(Spanx)をつけずに外出できない”のエピソード、覚えてる?)、これほど厳密に考えているとは思ってもみなかった。 
 
「私は、同じ長さのものを2枚重ねるの」とキム。「長さの違うものを重ねないようにしてるわ。だって、余計なライン(跡)が見えるのは嫌だから。ラインは常に1本でいいのよ」 
 
彼女が着用するスパンクスの中でメインとなるのは、The Higher Power Capri(ハイアー・パワー・カプリ/28ドル)だ。

「フットレス・タイツをつい最近知ったのだけれど、ロングめのドレスの時にいいの。縫い目が低い位置にあるから、スパンクスのラインが絶対、見えないのよ」とキム。「特に、膝下か膝の真下の位置にくるのが好き。とってもよくホールドしてくれるし、安心できるわ!」

キムによる詳細を知る前は、私は補正下着を着ようなんて一度たりとも考えたことがなかった。そんなもの必要ないくらい、自分のありのままのボディに100%満足してるから、と言いたいところだけれど、正直に言えばクセになってしまうのがちょっと怖いと思う部分もあったから。キムと同じく曲線美の女性として、自信のない部分はいろいろあるけれど(まぁ、セルライトとか)それをあまりマイナスと捉えたくはなかった。私にとって補正下着とは、Facetune(写真レタッチ用アプリ)みたいなものだと思っていた。 

とはいえ、興味津々。調査ジャーナリズムという大義名分のためにも、不安はさておき、とにかくやってみることにした。そして、キムみたいなボディコンのシルエットの下に補正下着を2枚重ねしたら、どう見えるか(そして、どんな気分になるか)、試してみた結果が次の通りだ。

1/2ページ

最終更新:6/27(月) 12:54

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。