ここから本文です

映画『デッドプール』に参加したAtomic FictionのCGスーパーバイザーが語る制作秘話

CGWORLD.jp 6/27(月) 20:02配信

日本でも大ヒット上映中の映画『デッドプール』。監督のティム・ミラーは、Blur Studioの共同出資者でもあり、CGやVFXの専門家としてキャリアを築き、本作で監督デビューを果たした人物だ。幕開けとなる激しいカーチェイスシーンと、その後に連なる派手な銃撃シーン。この2シーンを担当したのがAtomic Fiction。同社は250ショットを約40名のアーティストで手がけたそうだが、本作への参加が決定したときはCGチーム内でも熱狂的に受け止められたという。そんな『デッドプール』のVFX制作をリードしたCGスーパーバイザーのローラン・タイユフェール/Laurent Taillefer氏とのインタビューをお届けしよう。

ミラー監督がこだわるリアリティ

デッドプールはマーベルコミックのヒーローの一人で、汚い台詞を吐くコミカルなキャラクターや、残虐な暴力をふんだんに散りばめた原作のコミックに根強いファンが多い。

以前から映画化の話は取り沙汰されていたが、なかなか進展は聞こえてこなかった。そんな中2012年に1本の映像がネットにリークされた。テストムービーと目された映像では癖のある台詞回しと容赦ない激しいアクションが描かれ、好意的に迎えられた。このため難航していた映画化の企画も前進したとの話もある。完成された本作『デッドプール』はこれまでのマーベル・ヒーロー作品とは別格の匂いをもった作品となった。

今回のインタビューを受けてくれた、Atomic FictionチームのCGスーパバイザーを務めたローラン・タイユフェール/Laurent Taillefer氏は次のように語る。「この作品に関わることが決まったとき、みんな本当に感激していましたね!あのテストムービーはすごい人気でしたし、高い期待が寄せられていることはみんな知っていましたから。どぎついユーモアで有名な作品なので、挑戦するのが楽しみでした。チームのアーティストの何人かはもともとコミックのファンでしたしね」。

タイユフェール氏はCGスーパーバイザーとしてティム・ミラー監督と初めて組むことになった。「ミラー監督とのやりとりは本当にスムーズでした。彼はVFXにまつわる全ての手法やコストを理解しているのですから。クライアントというより共同制作者と言っていいくらいでした。常にわれわれと一緒にストーリーを伝える最善の方法を見つけようとしてくれましたし、われわれのアイデアも本当にオープンに聞いてくれました。一方で、この映画に対する強いビジョンも語ってくださいました」。

ミラー監督のVFXに対する指針についてタイユフェール氏は述べる、「監督はシーンのリアリティにこだわりました。都会の環境を作る際、実際にありえる実物大の建物を求めました。この環境の中で行われるアクションは常に説得力があります」。ミラー監督のリアル志向はフルCGシーンにおけるカメラワークにも反映されていた。実在しうるカメラリグをCG内で構築し、アニメーターはそれを操作して「撮影」している。この手法により、各ショットのカメラワークが説得力を増し、まるでカメラの重さを感じられるほどである。またこのリグのおかげで、CGカメラは実世界のカメラと同様に被写体に近づきすぎることができない。一方で、ミラー監督はアクションについては、リアルなアクションと、誇張されたアクションとが最も美しくミックスされたものを追求した。

Atomic Fictionにとって制作は、上述のリークされたというテスト映像の分析からスタートしている。映像を検証し、何をどの位作る必要があるかが算出された。都会の環境のフィーリングを掴むために、デトロイトの撮影スタジオ・セットに出向き、参考用に写真、映像やフォトグラメトリー素材をたくさん撮影した。この時に撮影された写真の幾つかは、車内のショットの窓外の背景として使われた。参考映像撮影用には特製の視野180度のカメラのリグが作られ、実際の高速道路を走行して撮影した素材がほとんどのショットで使われている。

テストムービーのシーンデータをBlur Studioから提供を受け、都市環境を細かいブロックに分けてレイアウトし、再構築している。この映画の撮影のオープンロケはほとんどがバンクーバーで行われたので、ビルの造形もバンクーバーの建築物に基づいている。タイユフェール氏いわく、「このことがクリエーティブ上重要なポイントになりました。実際にある街がモデルだったため、全体の街に統一感をもたせ、画的に満足のいく形で実現できたのです」。

※CGWORLD.jp「2016年のダークホース映画!『デッドプール』にも参加したAtomic Fictionが実践する、クラウドレンダリングを活用した高密度VFX」より一部抜粋

奥居晃二

最終更新:6/27(月) 20:02

CGWORLD.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CGWORLD

株式会社ボーンデジタル

vol.221
12月10日発売

1,512円(税込)

CG・映像クリエイター総合誌
特集1 『Saya』ver.2016
特集2 映画『海賊とよばれた男』