ここから本文です

萌えよドラゴン! 表現規制でグーグルが射精管理? 人間のエロ画像でヌけなくなる未来

サイゾー 6/27(月) 15:01配信 (有料記事)

――人の性的嗜好は千差万別だが、広大なインターネットを見ていると「本当にこれで興奮できるのか?」と思わされるエキセントリックなジャンルを目にすることがある。それらが成立した背景から、ネットとエロの今後について分析する。

「巨大なドラゴンと乗用車の激しいセックス」を想像しろと言われたら、たいていの人は混乱するのではないだろうか。ドラゴン、クルマ、セックス。一般的な感覚からすれば、点と点がまったく線にならない。しかし、「ドラゴンカーセックス」と呼ばれるジャンルは、性的嗜好として存在するのだ。

 インターネットで画像を検索してみると、不穏なサムネイルが所狭しと表示される。その中から1枚のイラストを開くと、ゲームに出てきそうな屈強なドラゴンが乗用車をバックから犯していた。正気の沙汰とは思えない。

 このドラゴンカーセックスが日本のネット上を騒がせたのは2014年。「海外で成人向け作品の表現規制が厳しくなりすぎた結果、オタクたちは“車をレイプするドラゴン”でしか抜くことができなくなった」というツイッターへの書き込みがきっかけだった。添付されていたイラストが「理解不能」「人類には早すぎる」などと反響を呼び、やがて「やらおん!」をはじめとする有名まとめサイトが取り上げたことにより、広く拡散された。しかし、インターネット上の特殊性癖に詳しい同人作家は、この一連の動きが「大きな誤解を生んだ」と指摘する。本文:3,059文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/27(月) 15:01

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体