ここから本文です

いよいよ〈21_21 DESIGN SIGHT〉で『土木展』が始まりました!

Casa BRUTUS.com 6/27(月) 16:30配信

土木というと遠い山の中の出来事のイメージだが、都市にも地下通路や橋など、土木による構造物が張り巡らされている。そんな土木をより身近に感じられる展覧会が開かれる。

まずは高度経済成長期のダムやトンネルなどの工事現場の映像と、高らかに響く槌音が織りなす「土木オーケストラ」に身を浸そう。今の日本の国土を作り上げてきた人々の熱い思いが伝わってくる。「土木の行為」では石を積む、掘るといった作業をアーティストやデザイナーたちが楽しく、そしてわかりやすく解説してくれる。実際に自分で積んだり掘ったりできるコーナーも。サンクンコートの実寸大の重機パネルや、7月に開通する世界一長いトンネル「ゴッタルドベーストンネル」を紹介する展示は迫力満点だ。

土木は災害時などにしか注目されないが、私たちの暮らしを支える“縁の下の力持ち”。専門外の作家も多く参加するこの展覧会で、これまで意識しなかった土木の魅力が見えてくる。

〈21_21 DESIGN SIGHT〉

東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン・ガーデン内 TEL 03 3475 2121。6月24日~9月25日。10時~19時(8月23日は~17時)。火曜休(8月23日は開館)。1,100円。

text_Naoko Aono

最終更新:6/27(月) 16:30

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。