ここから本文です

セスク、英国のEU離脱に悲観的「プレミアリーグに損害を与えることになる」

フットボールチャンネル 6/27(月) 7:01配信

 チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、EU(欧州連合)離脱が決定したイギリスについて言及した。26日に英紙『エクスプレス』が報じている。

 イギリスは現地時間23日にEU残留か、EU離脱かの是非を問う国民投票を行った。そして、離脱派が51.9%と残留派を上回ったため、今後EU離脱に向けた手続きが行われることとなる。この問題はプレミアリーグにも影響すると見られており、セスクも危機感を募らせている。

「これは非常に残念な決定だ。僕はほとんどの人々にとってとても否定的な結果だと思っている。個人的に、僕は間違いだと見ている。僕はこの結果を期待していなかったし、ベッドに向かっていた時にこのニュースを聞いて目が覚めたよ。

これはプレミアリーグに損害を与えることになると思う。ポンドの変動によって給与が変わると思うし、選手と契約するのが難しくなるだろう。これはサッカーだけでなく、多くの人々の日常生活と将来に合併症を生み出す決断だ」

 イギリスのEU離脱はすぐに実行されるのではなく、数年かけて交渉を続けていくことになる。イングランドサッカー協会(FA)のチェアマンが「何が起こるかは私にも想像できない」とコメントしており、現時点でどのような影響があるのかは不明となっている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 7:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)