ここから本文です

「世界で一番美しい本」を作るシュタイデルで本が作れる!

Casa BRUTUS.com 6/27(月) 17:00配信

ドイツの名門アートブックパブリッシャー、シュタイデル社によるブックアワードが設立された。応募作は9月に開催される「東京アートブックフェア2016」で展示される。

ドイツのシュタイデル社。アートブックファンや、ドキュメンタリー映画『世界で一番美しい本を作る男~シュタイデルとの旅』で知られているが、エド・ルシェ、ロバート・フランクら世界の名だたるアーティストと一緒にアートブックを企画、編集、印刷まで手がける、ゲルハルト・シュタイデルによる名門パブリッシャーだ。

今年9月に開催される「東京アートブックフェア2016」(TABF)は、新たな試みとしてシュタイデル社と協力し、「Steidel Book Award Japan」を設立することを発表した。

毎年多くの本好きや本を作るのが好きな人が集まるTABFで応募を募り、審査を経て、見事グランプリに輝いた受賞者は、ドイツ・ゲッティンゲンにあるシュタイデル本社にてシュタイデル氏本人と最高のスタッフと共に本の制作をし、完成した本はシュタイデル社の書籍として全世界で流通されることになる。

アワードの設立について、シュタイデル氏からメッセージが寄せられている。

「ロバート・フランクも、若き日のダミーブック作りを通して、自らの創作活動の重要な位置に写真集作りを据えるようになりました。そのことを、私は今の若い人たちにも体験して欲しいのです。つまり、自分の手で本を作ることにより、本という形式がどれほど表現メディアとして可能性を持っているかを実感してもらうために、このアワードを創設します」

世界最高峰のスタッフとともに本作りを経験し、世界に流通させるチャンスだ。TABF出展を予定していた人、本作りに興味がある人は、是非参加してほしい。

text_Keiko Kamijo edit_Akio Miotmi

最終更新:6/27(月) 17:00

Casa BRUTUS.com