ここから本文です

3分間で電光石火の2ゴール! フランス逆転8強の主役グリーズマン「誰もが救世主と呼べる存在」

Football ZONE web 6/27(月) 7:06配信

衝撃の連弾でアイルランドを撃破

 26日の欧州選手権(EURO)決勝トーナメント1回戦で、フランスはアイルランドに2-1と逆転勝利を飾った。1点ビハインドから立て続けに2ゴールを決めたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)は「全ての選手が救世主だ」と、チーム全体での勝利を強調している。フランス紙「レキップ」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

「前半は良くなかったから、ハーフタイムに選手と監督で改善点を話し合ったんだ。後半はより良い試合ができたと思うし、サポーターの応援は本当に力になった。準々決勝に進めて、誰もが嬉しいと思っているよ」

 殊勲のグリーズマンは試合全体を振り返り、こう語った。フランスは立ち上がりの前半2分でクロスボールを処理しようとしたDFラミが転倒。そのスキにボールをキープされると、カバーに戻ったMFポール・ポグバが相手を倒してPKを与えてしまった。ほぼ何もしないうちに1点を与える試合展開で、前半は攻撃しようとボールを持てども決定機は作れずに終わっていた。

 しかし、後半に入りディディエ・デシャン監督がMFキングスレー・コマンを投入してシステムを4-2-3-1に変更するとフランスの攻撃の流れは改善。同13分に攻撃参加したDFバカリ・サニャのクロスにグリーズマンが頭で合わせて同点ゴールを挙げると、同16分にはFWオリビエ・ジルーのポストプレーから再びグリーズマンが勝ち越し弾を挙げた。結果的に、これが決勝点になった。

 その活躍にインタビュアーが「あなたはフランスの救世主になったのでは?」と問いかけると、グリーズマンはそれを否定してチーム全体の活躍があったからこそだと語っている。

“シメオネ軍団”のエースがホスト国を牽引

「それは違うと思うし、全ての選手が救世主だ。サニャのクロスが素晴らしかったし、ジルーは相手を引きつけてくれた。もちろん、DFたちもよく守ったし、誰もが救世主と呼べる存在なんだ。僕自身は試合にうまく入れたし、ボールを触りに中盤に降りたけど、それはチームの規律のなかでのことだ」

 そして、スタメンで入った右サイドではなく、後半から中央に配置されたことにはプレーしやすさを感じているようだ。

「僕にとってランドマークになるポジションだからね。基本なんだ。ただ、前にも話したけど、僕は監督に要求されたポジションでチームのためにプレーするよ。右サイドでも中央でも、自分のすべてを出すだけだ」

 苦戦しながらも準々決勝進出を果たしたフランスは、イングランドとアイスランドの勝者と準決勝進出を争うことになる。この日の2ゴールでウェールズ代表FWギャレス・ベイルとスペイン代表FWアルバロ・モラタに並ぶ通算3ゴール目で得点ランキングトップに並んだ。所属クラブのアトレチコでは、闘将ディエゴ・シメオネ監督の薫陶を受ける愛弟子だが、今季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリード戦では痛恨のPK失敗で、欧州の頂点には立てなかった。今大会ではホスト国フランスのエースに君臨。2000年大会以来の欧州制覇へ、チームを力強く牽引している。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/27(月) 9:19

Football ZONE web