ここから本文です

「世界最大の過大評価」 ご意見番リネカー氏がEUROで低調な”1億ユーロの男”を酷評

Football ZONE web 6/27(月) 9:08配信

アイルランド戦でPK献上のポグバの代わりに、大会3得点のグリーズマンを絶賛

 サッカー界のご意見番として人気の元イングランド代表FWで解説者のギャリー・リネカー氏が、莫大な移籍金が設定されていることから“1億ユーロの男”と呼ばれるユベントスのフランス代表MFポール・ポグバについて、「世界最大の過大評価」と一刀両断している。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 欧州選手権(EURO)開催国のフランスは、26日にリヨンでアイルランドと対戦。PKで先制点を許したものの、アトレチコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンの2得点で逆転し、ベスト8への切符を手にした。

 フランスはエースのレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマがリヨンMFマテュー・ヴァルブエナへの脅迫容疑で逮捕・起訴された問題によって、今大会は招集を見送られた。そのため、ホスト国最大のスターと目されていたのは移籍金1億ユーロ(約113億円)の価値があると言われているポグバだった。

 しかし、ポグバは今大会ここまでの試合で大きなインパクトを残せていない。アイルランド戦では試合開始早々にファウルでPKを献上していた。直前のプレーでクロスに対してDFアディル・ラミ(セビージャ)が足を滑らせ、そこをフォローした結果とはいえ、ポグバはあやうく戦犯になりかけた。この試合を観戦していたリネカー氏は自身のツイッターで、世界中にある疑問を投げかけた。

「あなたこそ過大評価」と反撃も受ける

「ポグバは世界で最も過大評価されている選手じゃないか?」

 このツイートの反響は大きく、多くの返信が寄せられた。「いいや、フェルナンド・トーレスだ」、「(ジョン・)ストーンズだろう」など他の選手を挙げる声から、「あなたが過大評価の解説者」「彼がイングランド人だったら同じことを言いましたか?」とリネカー氏の意見に反対する声も多かった。

 リネカー氏はさらに「ゴールこそが黄金の価値があると証明された。グリーズマンこそ最も評価されるべき選手」と投稿。レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブから引く手あまたのポグバよりも、3得点でEURO得点ランクトップタイになった左利きのストライカーがお気に入りのようだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/27(月) 9:08

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革