ここから本文です

「有効なオプションと示したかった」 16強スロバキア戦で1得点1アシストのドイツ新エースが見せた「100%」という衝撃データとは

Football ZONE web 6/27(月) 10:45配信

ヴォルフスブルクFWドラクスラーが躍動 1対1で相手を凌駕

 日替わりヒーローが生まれている欧州選手権(EURO)フランス大会のドイツ代表で、新たに脚光を浴びたのは22歳の若きスターだった。ヴォルフスブルクでプレーするMFユリアン・ドラクスラーは欧州選手権(EURO)の決勝トーナメント1回戦スロバキア戦で1得点1アシストを記録し、3-0の大勝に貢献。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。「自分が有効なオプションであることを証明したかった」とヨアヒム・レーブ監督に存在感を見せつけた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ドイツはスロバキアを相手に前半からゲームを支配した。前半8分にDFジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)のミドルシュートで先制。同43分にはドラクスラーのアシストからFWマリオ・ゴメス(ベジクタシュ)が2試合連続ゴールを決めてリードを2点に広げた。そして、後半18分にはドラクスラーが豪快な右足ボレー弾でダメ押しゴールを奪い、3-0で大勝した。

 試合後、ドラクスラーはドイツ公共放送「ZDF」のインタビューに応じ、「僕にとっては素晴らしい日になった。チームに貢献できてハッピーだ」と試合を振り返った。昨季まで所属したシャルケではDF内田篤人の無二の親友だった。

 第1戦、2戦でスタメン出場しながら、第3戦ではベンチスタートなっていたドラクスラー。定位置を奪われた危機感から、この試合に懸ける思いは相当に大きかったようだ。MFマリオ・ゲッツェに代わって再び先発の座を勝ち取ると、結果で起用に応えてみせた。

 英サッカー情報サイト「Squawka」のツイッターで公開されたでデータによると、この試合でドラクスラーは1対1での勝率は100%(8/8)という衝撃的な数字を叩き出した。局面打開力の優秀さをデータで示した。そして、パス成功率82%、シュート3本で1ゴールを記録した。切れ味鋭いドリブルで何度も左サイドを切り裂いただけでなく、チャンスメイクからフィニッシュまであらゆる面で精度の高さを見せつけた。本人も十分な手応えを感じていた。

1/2ページ

最終更新:6/27(月) 10:45

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。