ここから本文です

イブラ、結局“サプライズ”は無し。1年契約を結ぶため7月1日にマンUへ

フットボールチャンネル 6/27(月) 8:10配信

 先日スウェーデン代表から引退することを表明したFWズラタン・イブラヒモビッチは、噂されている通り、来季マンチェスター・ユナイテッドへ加入することになるようだ。26日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 4シーズン過ごしたパリ・サンジェルマンから退団したイブラヒモビッチは、かねてからジョゼ・モウリーニョ氏が新指揮官に就任したユナイテッドへ加入することになると噂されて来た。

 しかし本人も、そして敏腕代理人でお馴染みのミノ・ライオラ氏もこれまで口を固く閉ざし、そして同氏は「きっとサプライズとなる」と意味深な発言をし続けて来たことからも、バイエルン・ミュンヘンや古巣のミランといった様々な新天地の名前も浮上している。ところが、やはりその気を持たせた“サプライズ”は起きないようだ。

 イブラヒモビッチは、ユナイテッドとの交渉を成立させるために、そして1年間の契約にサインをするために、予定されている7月1日にマンチェスターへ向かうことになるようである。同選手は、現在モナコのモンテカルロでバカンス中のようだが、そこでライオラ氏とその移籍を決定付けるための最後の話し合いを行っているようだ。

 数ヶ月間に渡って注目されて来たイブラヒモビッチの去就問題。ここで遂にその決着がつきそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 12:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。