ここから本文です

リバプール史上3位の移籍金40億円で、“プレミア最速ハット”のマネ獲得合意

Football ZONE web 6/27(月) 13:41配信

英メディア報じる 過去3シーズンでサウサンプトンから5人目の補強に

 リバプールがプレミア最速ハットトリック記録保持者と、3000万ポンド(約40億円)で獲得合意に達したことが分かった。サウサンプトンのセネガル代表FWサディオ・マネが、メディカルチェックを受けると英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 名将ユルゲン・クロップ監督が来季の逆襲に向けて、韋駄天ストライカーを陣容に加えようとしている。マネの移籍を巡ってすでにクラブ間合意に達しており、27日に移籍前のメディカルチェックを行う予定であり、今月中に正式契約を結ぶことになるとレポートされている。

 リバプールは近年、サウサンプトンからの補強が続いている。クロアチア代表DFデヤン・ロブレン、イングランド代表FWアダム・ララーナ、同DFナサニエル・クライン、そしてウェスト・ブロムウィッチに放出したFWリッキー・ランバートに続き、過去3シーズンで5人目となる。

 2年前にレッドブル・ザルツブルクからイングランドに上陸したスピードスターは、2015年5月16日のアストン・ビラ戦で2分56秒でハットトリックを達成し、プレミア最速記録を樹立した実力者だ。

 今季は36節(5月1日)のマンチェスター・シティ戦でのハットトリックをはじめ、ラスト5試合で6得点を叩き出すなど終盤に爆発。ザルツブルクに所属していた12-13シーズンから4季連続二桁得点を記録し、プレミアリーグ通算67試合21得点と結果を出している。

クロップ監督の下で“オーバ二世”に?

 3000万ポンドはリバプール史上3位になるほどの高額な移籍金。クロップ監督はドルトムント最終年となった14-15シーズン、スピードが武器のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを1トップに固定。苦しみながらの起用を続けたが、退任後の今季にゴールラッシュを見せており、ストライカーとしての能力が花開いた経緯もある。

 若手の才能を見抜く名伯楽としても有名なクロップ監督は、“スピードスター”マネをワールドクラスの実力者に育てることができるだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/27(月) 13:41

Football ZONE web