ここから本文です

篠崎愛、芸能活動10周年イベントでメジャーデビュー曲「口の悪い女」を初披露

リアルサウンド 6/27(月) 14:42配信

 篠崎愛が、パーティーイベントにて8月24日にリリースするメジャーデビューシングル『口の悪い女』の表題曲を初披露した。

 同イベントは、篠崎の芸能活動10周年を記念して開催されたもの。篠崎はイベント前の取材で、新曲のタイトルにちなみ「口が悪いか悪くないかと聞かれたら私はきっと悪い方。デビュー曲を歌っていて、『もっといい男捕まえれば良かったのに』と思いました」と報道陣の笑いを誘った。イベントは、これまで応援してくれてきたファンたちと“この先も変わらぬ永遠の愛を誓う”というコンセプトで数々のプログラムを行ない、篠崎も純白のウェディングドレス姿で彼らへパフォーマンスを繰り広げた。

 中盤では、赤のドレス姿で登場した篠崎が「すごく緊張する。皆さん温かい目で見守りながら聞いて下さい」とコメントすると、新曲「口の悪い女」を初披露。これまでにない“悪女”な篠崎を表現した楽曲を熱唱し、会場はこの日一番の盛り上がりをみせた。

 なお、篠崎はメジャーデビューを記念した全国フリーライブイベントも実施予定。詳細は後日オフィシャルサイトにて発表する。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/27(月) 14:42

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。