ここから本文です

ゲーム原作映画『ウォークラフト』、伊藤暢達による描き下ろしイラスト&特別映像公開

リアルサウンド 6/27(月) 15:00配信

 全世界興収が約395億円を突破し、ゲーム原作映画の全世界興収ランキング第1位を記録した映画『ウォークラフト』より、伊藤暢達による描き下ろしイラスト&特別映像が公開された。

 本作は、ブリザード・エンターテイメントが提供する同名ゲームを映画化したファンタジー。オーク族に属するデュロタンが、仲間たちから“反逆者”として扱われながらも、平和を願い、人間と共存する道を選択する模様を描く。デヴィッド・ボウイの息子であり、『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』のダンカン・ジョーンズ監督がメガホンを取った。

 このたび公開されたのは、「サイレントヒル」などを描いたデザイナー・伊藤暢達が描き下ろしたデュロタンのイラスト。「さまざまな作品で悪役として描かれる事の多いオークのイメージを一新させたデュロタンというキャラクターを、独自の世界観を持つ方に表現していただきたい」と考えていた配給会社が、伊藤に熱烈オファーをしたことにより実現した。

 一方の特別映像は、伊藤が手がけたイラストの制作過程や制作方法が収められている。伊藤は、「群衆の中でデュロタンだけ人間側に付いているという絵が、このキャラクターを伝えるのに一番わかりやすいかと思うので、本来はオーク側にいるはずなのに、デュロタンだけ真逆を向いているという構図で描き進めようかと思います」と説明し、手書きでイラストを制作。描く際のポイントについては「極端なくらいマッチョなキャラクターなので、それを出すのに最初は手間取りました。肩のボリュームがキャラクターの一番の特徴なので、誇張気味にしたつもりです」とコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/27(月) 15:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。