ここから本文です

ドイツFWゴメス、ベスト8で父の母国スペインとの対戦を熱望

フットボールチャンネル 6/27(月) 12:30配信

 EURO2016、決勝トーナメント初戦で北アイルランドに3-0と完勝したドイツ代表。この試合でゴールを挙げたFWマリオ・ゴメスは、次の準々決勝ではスペインとの対決を切望している。26日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 父親がスペイン人というゴメスは「次戦は、当然スペインと対戦したい。私の父はスペイン人だが、何の問題もない」と思いを述べる。そして「チャンピオンになりたければ、どんなチームとも戦える力がなければいけない。スペイン、イタリア、イングランドなどに勝たないといけないのだ」と流暢なスペイン語で対応する。

 そして、EURO2008でのスペインとの決勝で敗れた試合にも出場していたゴメスは、「あの時の彼らが今より強いのか分からない。が、今も強いし、素晴らしい選手がたくさんいる」と述べ、「我々も1つにまとまったいいチームだ。だから決勝まで行けると信じている」と続けた。

 「スペインのサッカーとスペイン代表の大ファンだ」と公言するゴメス。父の母国であり、2008年のファイナルで負けた因縁の相手スペインとの対戦を誰よりも切望している彼の想いは果たして実現するのだろうか、

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 12:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革