ここから本文です

メッシ、アルゼンチン代表引退を表明。コパ決勝で優勝逃し…「僕の役目は終わった」

フットボールチャンネル 6/27(月) 13:57配信

 アルゼンチン代表のリオネル・メッシが、代表引退を表明した。

 現地時間26日、アルゼンチン代表はコパ・アメリカ決勝でPK戦の末に敗れ、大会23年ぶりの優勝を逃している。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 アルゼンチンは2014年ブラジルW杯、昨年のコパ・アメリカに続いて3年連続で優勝を逃し、メッシ自身もPK戦で自らのキックを失敗して初のA代表のタイトルを逃した。

 試合後、メッシは「どの瞬間も分析することは難しい。ドレッシングルームで、僕にとってのチームの役目は終わったと考えた。思い返すと、非常に悲しいことが起きた。とても大事なPKを外してしまった。そういうことだ」と述べた。

 メッシはワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)や北京五輪では優勝しているが、A代表でのタイトルはない。

 今大会の準決勝アメリカ戦でガブリエル・バティストゥータ氏が持つ代表最多得点記録を更新する55得点目を決めていた。

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 17:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。