ここから本文です

無冠続く“メッシ世代”、一挙にアルゼンチン代表引退か。3年連続主要大会準優勝

フットボールチャンネル 6/27(月) 14:55配信

 栄光に満ち溢れたバルセロナでの生活とは反対に、アルゼンチン代表ではタイトルに縁がないリオネル・メッシ。現地時間26日のコパ・アメリカ・センテナリオ決勝でチリ相手に敗れた後、代表引退の意思を表明した。

 メッシにとって主要国際大会の決勝で敗れるのは4度目だった。2007年のコパ・アメリカに始まり、2014年のブラジルW杯、2015年のコパ・アメリカに続き今回は3年連続の悲劇となってしまった。

 代表では不思議とタイトルに恵まれないメッシだが、周囲の選手達も同様にアルゼンチン代表では結果を残せていない。2008年に北京五輪を制した“メッシ世代”の彼らは失意のまま代表でのキャリアを終えてしまうのだろうか。

 メッシを始め、北京五輪出場メンバーからはセルヒオ・ロメロ、エベル・バネガ、エゼキエル・ラベッシ、アンヘル・ディ・マリア、ハビエル・マスチェラーノ、セルヒオ・アグエロと多くの選手がコパ・アメリカ・センテナリオに出場していた。

 そしてメッシに続き、マスチェラーノも代表引退の意思を示していると国際的なスポーツネットワーク『ESPN』などが報じている。また、アルゼンチン紙『ラ・ナシオン』によればアグエロも代表から引退する意向で「何人かの選手が大方ではもうプレーしないことを検討している」と発言したという。

 また『ESPN』のファン・アランゴ記者は彼らの他に「ラベッシ、ゴンサロ・イグアイン、ルーカス・ビリアも代表から退くだろう」とツイートしている。

 仮に彼らが一度に去れば、アルゼンチン代表の弱体化は必至。パウロ・ディバラやマウロ・イカルディら新世代の台頭も期待されるが、メッシから始まった大量引退はどこまで広がりを見せるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 15:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)