ここから本文です

Keishi Tanaka、LEARNERSとコラボの新曲MV公開 紗羅マリーとのデュエット披露も

リアルサウンド 6/27(月) 19:50配信

 Keishi Tanakaが、新曲「Just A Side Of Love / 恋のすぐそばで」のMVを公開した。

 同楽曲は、LEARENRSをゲスト&プロデューサーに迎え制作した楽曲で、7月6日にCD&7inchを同時にリリースする新シングル『Just A Side Of Love』の表題曲。同MVの監督は、1stアルバム『Fill』や2ndアルバム『Alley』のジャケットを手掛け、ミツメやYkiki BEATの映像作品も手掛ける関山雄太が務めた。紗羅マリーとのデュエットや、LEARNERSが全員出演する演奏風景が印象的なMVに仕上がっている。

 また、京都と東京でのリリースパーティーの開催も決定。京都公演はワンマンライブとなっており、ゲストミュージシャンとしてLEARNERSより松田“CHABE岳二とCHIEが参加する。東京公演はLEARNERSを迎え、対バン形式で開催。チケット先行予約に関する情報は、オフィシャルサイトにて掲載している。

 なお、来月7月15日に、東京・三軒茶屋 a-bridgeで開催する自主企画イベント『NEW KICKS』には、ゲストにRIDDIMATES、潮田雄一(バンドセット)の出演が決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/27(月) 19:50

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。