ここから本文です

コパ決勝は2人が退場の大荒れに…担当主審は過去の試合でもレッドカードを乱発

フットボールチャンネル 6/27(月) 16:12配信

 コパ・アメリカ決勝戦は、チリ代表がPK戦の末にアルゼンチン代表を下して大会2連覇を達成した。

 しかし、試合は2人の退場者が出る大荒れの展開に。28分にチリのマルセロ・ディアスが2枚目のイエローカードで退場となると、前半終了間際にアルゼンチンのマルコス・ロホがアルトゥーロ・ビダルに対するタックルでレッドカードを受け、一発退場を命じられた。

 大手データサイト『Squawka』によれば、この試合の主審を務めたブラジル人のエベル・ロペス氏が担当した試合は、この決勝も含めて27試合で14枚のレッドカードが飛び交っているという。

 ロペス主審は今大会のグループステージで行われたコロンビア対パラグアイの試合も担当していたが、パラグアイのオスカル・ロメロに2枚のイエローカードを出して退場処分にしている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 16:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。