ここから本文です

韓国代表ソン・フンミン、OA枠で五輪出場へ。メダル逃せば兵役は免れず?

フットボールチャンネル 6/27(月) 16:53配信

 韓国サッカー協会は27日、リオ五輪に臨むU-23韓国代表メンバーを発表した。

 オーバーエイジ(OA)枠にはトッテナムのFWソン・フンミン、ポルトのFWソク・ションジュン、かつてFC東京でもプレーした広州富力のDFチャン・ヒョンスが選ばれた。

 韓国紙『朝鮮日報』によれば、ソン・フンミンとソク・ションジュンはメダルを獲得すれば兵役を特例で減免されるが、もしメダルを逃せば兵役は免れないと報じている。

 Jリーグからは水戸ホーリーホックのDFソン・ジュフンと北海道コンサドーレ札幌のGKク・ソンユンが選出されている。

 韓国は本大会グループステージでフィジー、メキシコ、ドイツと同じグループCに組み分けられている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 17:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。