ここから本文です

スペイン代表DF「チームの雰囲気を悪くするのはメディア」。同僚の造反報道も嘘と批判

フットボールチャンネル 6/27(月) 18:10配信

 バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバは、スペイン代表の雰囲気を悪くするのはメディアであると批判した。26日付け『マルカ』が報じた。

 チェルシーFWペドロ・ロドリゲスの出場機会を求める批判とも取れる発言や、敗戦したクロアチア代表戦の失点の責任者と批判されたマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアなど、予想に反してグループリーグ2位で決勝トーナメントに進出することになったスペイン代表の雰囲気が悪いのではないかとメディア上では騒ぎ立てられている。

 しかしJ・アルバは「すべて嘘だ。悪い雰囲気を作り出すのはメディアで、自分たちではない。代表のどの選手に聞いてもいいよ。我々は冷静だ」と、代表内の関係の悪さを作り出しているのはメディアであると強調した。

 また、ペドロの発言についての報道も「自身の意見を言っただけであり、チームは彼に造反したわけではない。問題は全くないよ」とすべてメディアが作り出す嘘であるとした。

 スペインは現地時間27日に決勝トーナメント1回戦でイタリアと対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 18:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。