ここから本文です

モラタと再会するイタリア代表DF「ピッチ内に友達はいない」。元同僚に警戒強める

フットボールチャンネル 6/27(月) 18:43配信

 ユベントスのイタリア代表DFアンドレア・バルザリは、元チームメイトのスペイン代表FWアルバロ・モラタに注意していると語った。26日付け『アス』が報じた。

 モラタとはユベントスで2シーズンを共にプレーしてきたが、この夏にレアル・マドリー復帰が決定している。

 イタリア代表はそのモラタ擁するスペイン代表と現地時間27日に決勝トーナメント第1戦を戦うが、バルザリは「スペイン代表の選手すべてが危険だ。アルバロはよく知っているし、彼のクオリティーには注意するよ」と警戒を強めた。

 さらに、「試合前には(モラタに)個人的に挨拶に行くよ。でも集中力を保たないといけない。ピッチ内に友達はいないからね」と語った。

 1発勝負の決勝トーナメントで敵同士として対戦することになるバルザリとモラタだが、果たして勝つのはどちらなのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 18:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。