ここから本文です

フッキ、やはり中国へ? 同リーグ史上最高額62億円で上海上港に移籍か

フットボールチャンネル 6/27(月) 20:00配信

 ロシアリーグ1部のゼニト・サンクトペテルブルクに所属するブラジル代表FWフッキが、中国リーグ史上最高額で中国プロサッカーリーグ1部の上海上港へ移籍することになるようだ。26日付のブラジル紙『ランス』が報じている。

 来月に30歳を迎えるフッキは、年棒1800万ユーロ(約20億円)を提示した上海上港のオファーを受け入れたようだ。そして、名将スヴェン・ゴラン・エリクソン監督が指揮を執る同クラブは、ゼニトに5500万ユーロ(約62億円)を払うことになるようである。

 62億円という金額は、中国リーグ史上最高額となる金額だ。これまでは、5000万ユーロ(約56億円)で江蘇蘇寧へ移籍したMFアレックス・テイシェイラ・サントスの移籍金が中国リーグ史上最高額とされていた。よって、もしこの交渉が成立すれば、その記録を上回ることになる。

 中国プロサッカーリーグ1部の広州恒大もフッキの獲得に興味を示していたようだが、オファー額が適切だとは判断されなかったようだ。

 かつてJリーグでもプレーしていたフッキは、2012年にゼニトに加入するとこの4年間で147試合に出場し、74得点と60アシストを決めている。一方で今季は、39試合に出場し、23得点と25アシストを決めた。

 上海上港は、現在15試合を終えて勝ち点24を稼ぎ、4位につけており、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)への出場権を獲得するために現在争っている最中である。果たしてフッキは、同チームの救世主となることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 20:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。