ここから本文です

トルコの名門がハーフナー獲得に動く? V・ペルシの後釜候補に

フットボールチャンネル 6/27(月) 22:49配信

 トルコの名門フェネルバフチェが、オランダ1部のADOデン・ハーグに在籍する日本代表FWハーフナー・マイク獲得に興味を示しているようだ。トルコメディア『ファナティック』が報じた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 2015/16シーズンを2位で終えたフェネルバフチェは来季に向けて覇権奪回を狙いたいところだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の影響で補強予算が限られておりカネにモノを言わせて選手を獲得することができない状況にある。

 そこでフロントは元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシを売却して新たな選手を獲得するための資金を捻出しようと考えている。そしてハーフナーはチームを去ると見られるエースの後釜候補に挙げられた。

 同メディアによれば、フェネルバフチェ側は限られた資金をやりくりしてADOとの交渉をまとめ、移籍金200万ユーロ(約2億5000万円)ほどでハーフナーを獲得する意向だという。すでにフェルナンドンというブラジル人ストライカーが在籍しているものの、オランダ1部で1シーズン16得点を挙げた実力は高く評価されている。

 ADOはかつて浦和レッズを率いたゼリコ・ペトロビッチ監督の就任を発表したばかりで、絶対的エースのハーフナーはもちろん来季も攻撃の核として期待されている。それでもトルコ移籍は実現するのか。フェネルバフチェはトルコ屈指の強豪クラブなだけに、今後の動向が注目される。

フットボールチャンネル

最終更新:6/27(月) 23:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)