ここから本文です

【フランス 2-1 アイルランド|採点&寸評】逆転の立役者となったグリエーズマンが最高採点でMOMに!

SOCCER DIGEST Web 6/27(月) 2:30配信

見事に采配を的中させたデシャンも高評価!

【フランス/チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
開始早々にPKで先制されるまさかの展開に。その後、前半は空回りの印象も、後半のシステム変更が奏功し、逆転に成功。今後に向けて価値ある勝利を収め、チームの成長を感じさせた。
 
監督 ディディエ・デシャン監督 7.5
後半から4-4-2にしてチームに落ち着きと勢いを与え、圧倒的に攻め立てて逆転に導く、決断力は流石。鼓舞するハーフタイムトークもあったはず。
 
【フランス/選手採点&寸評】
GK
1 ユーゴ・ロリス 6.5
PKの失点は仕方ない。以降は終始、冷静な対応を見せ、ハイボールや危険なクロスにも先手。後半はほぼ見せ場なし。
 
DF
3 パトリス・エブラ 6
序盤は積極的な攻撃参加と落ち着いたディフェンス。後半はバランスを心がけ、時折いぶし銀のテクニックも披露した。
 
4 アディル・ラミ 5.5
失点に繋がったクロスの場面では尻餅をついて、ピンチを招いた。その後は身体を張った守備を魅せる一方、高精度のフィードで決定機を演出。
 
19 バカリ・サーニャ 5.5
前半は攻撃の印象が薄く、クロスの質も低かった。後半にはオーバーラップが増え、同点弾をアシスト。ただしマーキングの責任感が問われるシーンも。
 
21 ロラン・コシエルニー 6
高い集中力と鋭い読みでインターセプトを披露。エアバトルにはばらつきがあるものの、49分にはヘッドでゴールに迫った。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 

逆転の立役者となったグリエーズマンがMOM!

MF
5 エヌゴロ・カンテ 6(46分OUT)
広いエリアをカバーし、執拗なマーキングと的確な散らしで輝く。早すぎる警告を受け、早すぎる交代を告げられた。
 
14 ブレーズ・マテュイディ 6
前半はやや身体が重そうで、いつもの存在感がなかった。55分の鋭いミドルで逆転劇の口火を切るとチームとともに勢いに乗り、危ない場面も創出。
 
15 ポール・ポグバ 6
不運なPKを与えてしまった後は、責任を感じて奮闘。ファウルを度々受け、惜しいFKを放ち、さすがのキープ力も見せた。後半はバランサーとしても好印象。
 
FW
☆MAN OF THE MATCH
7 アントワーヌ・グリエーズマン 8
ハードワークできるエースの面目躍如。終始ボールによく絡み、見事なヘディングと冷静なフィニッシュで逆転の立役者に。
 
8 ディミトリ・パイエ 5.5
自由に動き回ってプレーメイクした前半は存在を誇示したが、ロスタイムのチャンスは決めたかった。たびたびのミドルとFKは不発に。
 
9 オリビエ・ジルー 6.5(73分OUT)
プレスやマークを引きつける地味な仕事をこなし、見事なポストプレーから逆転弾をアシスト。利他的な1トップはこのチームに向いている。
 
交代出場
FW
20 キングスレー・コマン 5(46分IN/90+3分OUT)
崩しの切り札として投入されるも、うまく試合に入れず、徐々に消える時間も。69分の突破からキレある動きを見せ始めたが、最後は大事をとって交代。
 
FW
10 アンドレ=ピエール・ジニャク 5.5(73分IN)
77分にバー直撃のミドル。強引なシーンもあったが、それもストライカーの性か。86、87分の決定機は決めたかった。
 
MF
18 ムサ・シッソコ -(93分IN)
足を痛めたコマンに代わって出場も、直後に終了の笛を聞く。
 
※MAN OF THE MATCH=この試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
文:井川洋一
 

1/3ページ

最終更新:6/27(月) 5:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。