ここから本文です

進化するドイツの根幹をなす「勤勉さ」と「駆け引きの上手さ」

SOCCER DIGEST Web 6/27(月) 11:29配信

前半ですべきことしてリード。後半は流しながら要所を締める。

 3-0で危険な挑戦者スロバキアを圧倒。ドイツの完勝と言って良い試合だった。
 
 2年前のブラジル・ワールドカップから続くドイツの強さは、勤勉で肉体的資質に恵まれたドイツ人が、スペインのように器用にパスを繋ぎ、攻撃的なサッカーをするところにある。
 
 彼らは、スペイン(バルセロナ)的サッカーをドイツ風にアレンジして、さらに完成度を高めている。
 
 敵のペナルティエリアにSBが走り込み、そこに精度の高いスルーパスが次々と繰り出される。こうしたシーンは、まさにスペインのサッカーを見ているかのようだ。
 
 新たなもののエッセンスを導入すると、往々にして本来持っていた良いところを失ってしまうもの。だが、ドイツは彼らが本来持っている素晴らしい伝統も忘れてはいない。
 
 そのひとつが、勤勉さだ。
 
 この試合は序盤のボアテングの一撃で、ほぼ勝負が決まってしまった感があるが、それでもドイツの選手たちはさぼらなかった。
 
 流すところは流すが、行くべきところはしっかり行く。派手さに寄りかからず、やるべきことをやる。勝負が決まった後も、手を抜かない。
 
 こうした勤勉さは、やはり国民性によるところが大きいだろう。
 
 もうひとつの伝統が、駆け引きの上手さだ。
 
 ひるんだ敵にさらに圧力をかけ、反撃に出る敵の鼻っ柱を折る。ドイツはこうした流れを断ち切るプレーが上手いが、スロバキア戦でもそれが見られた。
 
 43分、ドラクスラーの巧みなドリブルからゴメスのゴールが生まれる。この2点目でスタジアムは、ほぼ勝負がついたという雰囲気になった。このまま、ハーフタイムを迎えれば良い。
 
 だがドイツは、ここから一気にギアを上げた。休むどころか運動量を上げ、前から果敢にスロバキアに圧力をかけたのだ。
 
 しかも、ハイプレスの先陣を切ったのは、ゴールを決めたゴメス。決定的な2点目で意気消沈したスロバキアを、一気に押し潰そうとした。こういうことができるのが、ドイツの強さである。
 
 前半にやれることをしっかりやって勝負を決め、後半は流しながらも要所を締める。こうしてドイツは、完璧に近いかたちで勝利を手に入れた。
 
 冷や汗をかいたフランス、死闘を演じる羽目になったポルトガルとは対照的な、余力を残しての勝ち上がり。やはり、終わってみればドイツが優勝、ということになるのだろうか。
 
現地取材・文:熊崎 敬

最終更新:6/27(月) 11:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。