ここから本文です

【コパ・アメリカ】PK戦の末にチリが連覇! アルゼンチンは23年ぶりの戴冠ならず…

SOCCER DIGEST Web 6/27(月) 12:53配信

両チーム1ずつの退場により、試合の様相は大きく変化した。

 6月26日(現地時間)、コパ・アメリカ・センテナリオの決勝が行なわれ、昨年同様、スコアレスでのPK戦の末に、チリがアルゼンチンを下して連覇を果たした。
 
 試合は開始数十秒でアルゼンチンのエベル・バネガがミドルを放ったが、その後はともに中盤で激しいボールの争奪戦を展開し、相手に自由を与えない。
 
 そんななかでも、アルゼンチンはリオネル・メッシ、チリはアレクシス・サンチェスという攻撃のキーマンがドリブルからチャンスを生み出そうとするが、互いに複数で囲い込んでこれを阻止する。
 
 最初に決定機を迎えたのはアルゼンチン。16分、チリのガリー・メデルが最後尾でトラップミスしたところをゴンサロ・イグアインが奪い、GKとの1対1の場面を迎えるが、シュートはわずかに枠を外れた。
 
 ボールポゼッションではチリが上回るが、アルゼンチンはわずかに空いたスペースを使ってパスを繋ぎ、チリ・ゴールに近づく。そして28分には、メッシのドリブル突破をファウルで阻止したチリのマルセロ・ディアスが2度目の警告で退場したことにより、数的優位を得る。
 
 しかし、チリがラインを下げて守備のブロックを固めたことで、試合は膠着状態に。アルゼンチンはチャンスを活かせず、逆に43分にはマルコス・ロホがアルトゥーロ・ビダルに後方からタックルを仕掛けて一発退場となってしまった。
 
 10人対10人で迎えた後半、チリが序盤からボールを保持するが、前半のようにスピードを上げず、ゆっくりとパスを回してアルゼンチンの守備の隙を窺う。時折、スピードアップして仕掛けるも、アルゼンチンはしっかりこれに対応して決定的なプレーを許さない。
 
 1人ずつ減って使えるスペースは広くなったものの、その分、選手間の距離が長くなった他、互いに中盤を省略した攻撃を展開したことで、両チームともに決め手を欠いたまま試合時間は過ぎていく。
 
 アルゼンチンは84分に交代出場のセルヒオ・アグエロが、アディショナルタイムにはメッシが得点機を得るも、枠に飛ばすことができなかった。
 
 延長戦に入り、99分にチリがエドゥアルド・バルガスのヘッドをGKセルヒオ・ラメラがセーブし、その直後にはアルゼンチンがメッシのFKから、アグエロがクロスバーすれすれの位置にヘディングシュートを飛ばすが、チリGKクラウディオ・ブラーボが目一杯に手を伸ばしてこれをクリアした。
 
 後半は互いに勝負を決めようと攻撃に力を入れるものの、疲労もあってか一つひとつのプレーの精度が落ち、また守備陣が粘りを見せたこともあって、チャンスには結び付かず、ついにスコアレスでPK戦に突入した。
 
 11メートルの対決は、1番手のビダル(GKのセーブ)、メッシ(枠外)が失敗という驚きのスタートを切るが、その後は両チームともに成功が続く。そして4人目、チリがジャン・ボーセジュールが決めたのに対し、アルゼンチンはルーカス・ビグリアが、ブラーボの好守に遭った。
 
 フランスシコ・シルバがロメロの逆を突いてウイニングゴールを決めると、チリの選手は喜びを爆発させ、アルゼンチンは選手は崩れ落ちる。メッシはベンチで茫然自失となった。
 
 昨年の決勝と同じ筋道を辿り、チリは連覇を達成。一方、1993年以来のメジャータイトル制覇に燃えていたアルゼンチンは、ブラジル・ワールドカップ、昨年のコパ・アメリカに続き、3年連続で決勝敗退という大きな失望を味わうこととなった。

【フォーメーション図&写真】コパ・アメリカ・センテナリオ決勝

最終更新:6/27(月) 13:14

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。