ここから本文です

二度の揺りかごダンス。鹿島が優勝を決めた夜、埼スタで生まれたちょっと幸せな物語

SOCCER DIGEST Web 6/27(月) 18:06配信

まさかの先発落ち――。この日、長男が誕生した梅崎は気持ちを切り替え、「途中出場からなにができるか、様々な想定をした」。

[J1・1stステージ17節] 浦和レッズ 3-1 ヴィッセル神戸
6月25日/埼玉スタジアム2002
 
 
 
 鹿島が第1ステージ優勝を決めた6月25日の夜、浦和-神戸戦の行なわれた埼玉スタジアムでは、ちょっとした“幸せな物語”が生まれていた――。
 
「『俺がPKを獲得できたら、絶対に自分で決めてみせるんだ』。そう自分に言い聞かせて、この試合に臨んだんです。でも、まさか、本当に訪れるとは思ってもみませんでしたけれどね」
 
 少し笑った梅崎司だが、すぐ厳しい表情に戻った。
 
「試合前日までの練習で、手応えとしては、スタメンで出られるんじゃないかと思っていたんです。でもベンチスタートだったから……、気持ちを切り替えて、途中からなにができるのかを試合中、ずっといろいろと想定していました。それで主導権を握れて、相手もゴール前を固めていたから、積極的にシュートを打っていけばPKもあるかなとは思っていました」
 
 この日、午前11時頃に梅崎のもと、長男(第二子)が誕生していた。予定より20日も早かったが、妻は安産だったという。梅崎は出産に立ち会い、「よく空気を読んでくれた」という我が子に“見送られて”、午後7時からの埼玉スタジアムでの神戸戦に臨んだ。
 
 連戦を戦ってきた宇賀神友弥がメンバーから外れ、ウイングバックでの先発が有力視された。しかし、先発の座に名を連ねたのは、今季加入した駒井善成だった。
 
 悔しかった。それでも浦和でプレーして9年目になる梅崎はこの状況を受け止め、ポジティブに解釈しようとする。自分にいったいなにができるのか、求められた仕事にどうすれば100パーセント、またはそれ以上で応えられるか。
 
 もちろん特別な日だからこそ、ゴールを決められれば――という願望はあった。
 
「長女(第一子)が生まれた日はナビスコカップ決勝の前日だったけれども、その試合に出られなかったんです。でも直後のリーグ戦の仙台戦に出場して、ゴールを決めていた。だから、今日もチャンスが来れば、決めたいと思っていました」
 
 77分、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が最後の3枚目のカードを切る。「足がつっていて走れる状態になかった」(ペトロヴィッチ監督)という駒井と交代し、背番号7がピッチに立ったのだ。
 
 

1/3ページ

最終更新:6/27(月) 21:46

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。