ここから本文です

【リオ五輪代表】10番を託された矢島慎也の胸中。「監督の信頼に応えないといけない」

SOCCER DIGEST Web 6/27(月) 21:02配信

「他の人と同じことをしていてもダメ。点に絡むプレーで違いを出したい」

 U-23日本代表の松本合宿は2日目を迎え、26日にJ2、J3、サテライトリーグを戦ったメンバーが合流。派遣手続きの関係で欠席した松原健を除く20選手が揃った。前日にJ2・讃岐戦でボランチとしてフル出場した矢島慎也は、ストレッチとランニングを中心とした軽めのメニューで汗を流した。6月は公式戦5試合でほぼフル出場し、PKながら2得点を挙げるなど、「試合に出続けられているので調子は悪くない」と最後のアピールに照準を合わせる。
 
「オリンピックも、(7月1日の)メンバー発表も近づいてきて、みんなアピールしたいと思っているはず。初めて一緒にやるメンツではないし、(実戦の)数はこなしているので、(6月29日の南アフリカ戦は)連係云々ではなく、勝ちが求められている。そのなかで、試合としては最後になる分、より頑張って自分もアピールできればいいかなと」
 
 手倉森誠監督は「(最終メンバー18人のうち)3分の1以上はふたつのポジションをできる選手がいなければいけない」と、かねてからポリバレント性を重視している。5月のガーナ戦でサイドハーフとボランチでプレーした矢島は、その条件を十分に満たしており、指揮官の信頼も厚い理由のひとつと言えるだろう。
 
「(メンバーに)人数制限があるなかでは、ポジションがひとつだと使い勝手が良くない場面が出てくる。自分はボランチも真ん中(2列目)もサイドもできるので、そこのポジションでやれって言われた時に普通に対応できると思います。でも、“普通”じゃダメというか、他の人と同じことをしていても生き残れない。違いを出すという意味では、自分は点に絡むプレーをしたいですね」
 
 生き残りを懸けたサバイバルと同時に、矢島は今回、中島翔哉に代わって「10番」を託された点でも注目を集める。手倉森監督はメンバー発表会見で「中島が欠けていた分、矢島が10番を背負って、ガーナ戦でもトゥーロン(国際大会)でも良い仕事をしてくれている。今の時点では時系列から言っても矢島が10番」と言及した。中島はこの日の練習後「背番号にはそこまでこだわりはないです。ヤジくん(矢島)もすごく上手いし、一緒にプレーしていて楽しい選手」と語ったが、では当の矢島はどう思っているのか。

【リオ五輪代表】南アフリカ戦に挑む21人が決定。中島、室屋、鈴木らが復帰

1/2ページ

最終更新:7/2(土) 0:45

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。