ここから本文です

まさかのEU離脱、Brexitに負けない新高値銘柄に注目

会社四季報オンライン 6/27(月) 20:16配信

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには、「半歩先読み」が重要です。

 先週、世界の金融市場に大波乱が起こりました。その原因は、英国のEU離脱の是非を問う国民投票で、離脱派が勝利したからです。世界中の株式市場が下落し、為替相場ではユーロ、ポンドが下落。その一方で安全資産とみられた円が急騰しました。

 日経平均株価も、先週末6月24日に年初来安値を更新し1万5000円を割り込みました。ドル円相場も一時100円を割り込み99円台になるなど、一気に円高が加速しています。まさに、Brexitの悪影響をリアルタイムで受け止めてしまったため、想定外の大変動となったようです。24日のNYダウも610ドル安と大幅に下落しましたが、下落率は3.39%と日経平均株価の下落率の半分以下でした。

 週が明けた27日の東京株式市場はさすがに反発。52週高値を更新した銘柄が22銘柄もありました。この22銘柄は、Brexitにも負けなかった堅調相場銘柄と言えそうです。今回は、この22銘柄の中から、相場の福の神おすすめの「Brexitにも負けない3銘柄」としてご紹介いたしましょう。

■ セリア(2782、東証ジャスダック)

 岐阜県大垣市に本社がある100円ショップの大手企業です。未上場の「ザ・ダイソー」の大創産業に次ぐ2位の企業です。業界初POSシステムを導入するなど、店舗のシステム投資に積極的で、高効率運営に定評があります。

 ■福の神「ここがポイント」
 多くの製品を輸入しているため円高メリット銘柄になります。また、消費者のデフレマインドが高まれば、価格競争力の高い100円ショップの顧客増につながります。

 ■株式データ
株価 8,180円
単元株数 100株
予想PER(連)35.24倍
実績PBR(連) 7.71倍
予想配当利回り 0.43%
時価総額 約2,977億円

1/2ページ

最終更新:6/30(木) 18:11

会社四季報オンライン