ここから本文です

知英、2冊目の写真集を発売! 象と一緒に撮ったゾゥ

Smartザテレビジョン 6/28(火) 5:00配信

2年前の夏から日本で本格的に女優活動を始め、映画「暗殺教室」('15年ほか)シリーズやドラマ「民王」('15年ほか、テレビ朝日系)などの話題作に出演した知英(ジヨン)が、2nd写真集「美 Gently」の発売を記念し、6月26日に握手会を開催。多くのファンが詰め掛けたイベントの開始前に囲み取材を行った。

【写真を見る】写真は自分で全部チェックしたとか

昨年の6月から制作を開始した本作は、東京をはじめ、タイ、香港、京都の4都市で撮影を敢行。1st写真集「~生まれたての私~知英物語」と同じく、写真家のレスリー・キーとタッグを組んだ。

1年かけて完成した2冊目の写真集を手に取った知英は「こんなに早く2冊目を出せるとは思っていませんでした。(長期間の撮影は)自分にとってもいい思い出になったのでうれしいです」と喜びのコメントを。

何度も一緒に仕事をしているレスリーとの相性はバッチリなようで「求めるポーズが結構ハードなんです(笑)。動くのが大好きな方なので何回も回らされたり、ジャンプをさせられたり…。髪の毛や服の動きなどにもこだわる厳しい撮影でした」と、カメラマンとモデルの妥協を許さない“真剣勝負”を振り返った。

ハードな撮影の中では癒やしの時間もあったようで、タイでは象と共演する楽しい企画も。「“ワンペン”という名前の象と一緒に撮影しました。初めて象の上に乗ったんですけど、ワンペンはとても優しい子。最初は毛がチクチクして痛いなと思っていたんですけど、時間がたつに連れて少しずつ柔らかく感じてきたんです。私のことを見守ってくれているような気がして、何となく共感を覚えました。また、タイに行ったら会いたいです」と、新しい“友”との再会を望んだ。

7月2日(土)には、男装に挑戦した映画「片想いスパイラル」が公開。写真集の中にも男装したカットが収められている。「私、男装が好きなんです。生まれ変わったら男性になりたい! 偶然なんですけど、写真集の男装では映画と同じカツラを使っています」と、写真集と映画の意外な共通点を明かした。

ことしの春には「JY(ジェイワイ)」名義で念願のアーティストデビュー。セカンドシングル「好きな人がいること」が、同名タイトルであるフジテレビ系“月9”ドラマの主題歌にも決定。「とてもうれしくて光栄です。今回は、明るい感じでダンスも入っているアップテンポな曲。ぜひ、皆さんに聴いてもらいたいです!」とアピールした。 

最終更新:6/28(火) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。